どれくらいある?格安航空券の種類と使い方

- 魅力について

魅力について

安く手に入る航空券は正規運賃の航空券に比べて非常に制約が多いということを、皆さんもすでにご存知でしょう。
では、どういった制約なのでしょうか?

追加料金がかさみ、結局は正規運賃で取ったのとあまり変わらない、もしくは座席の狭さなどを考えると正規で取ったほうがよかった、なんてことにもなりかねません。
そういった事態にならないために、格安航空券のメリットとデメリットをご紹介します。

まずは、特にLCC(格安航空会社)と呼ばれるものに関して述べていきます。

低価格の運賃

LCCを利用する最大のメリットは、やはり「料金が安い」ということでしょう。
それが可能になっている理由はいくつかあります。
ひとつは、使用する機種を統一すること。
航空機の免許は機種ごとに必要なので、パイロットの教育や整備士にかける費用を抑えているのです。
また、座席数を多くすることで一機あたりの収容客数を増やしたり、機内食などの無料サービスを廃止したことも大きな理由です。

滞在日数等の制限がない

片道を基本として料金が設定されているため、復路のフライト日程の制限がありません。
レガシーキャリアやツアー会社で購入する往復航空券は、最低滞在日数や最大滞在日数が決まっています。
制限がなければ、長期で旅行したいときにもLCCを利用できるので、運賃を抑えることができます。

燃油サーチャージが徴収されない、もしくは割安な場合がある

燃油サーチャージについての考え方は会社ごとに異なるため、すでに運賃に含まれていたり、徴収されたとしても大手航空会社よりも少額な場合が多いようです。

フライト便名、スケジュールが購入時に分かる

従来の航空会社の格安航空券と異なり、購入時にフライトの便名やスケジュールを確認することができます。
そのため、チケットを購入する段階から旅行の計画を立てやすくなります。

時限的な激安セールがある

LCCは販売促進のために、超破格のセールを行うことがあります。
大々的に広告宣伝している目を疑うほどの激安価格は、例えば新しい路線が就航したときなどに、先着や時間限定で販売されているものです。
これを利用する場合、行く場所も決めず旅の計画を立てる前に、先に航空券を取ってしまう、という方法がおすすめです。

LCCの魅力はとにかく安いこと!

以上、LCCを利用するメリットをまとめました。
従来、飛行機代に数万円かかっていたことを考えると、今や片道一万円を切っているLCCの金額は驚きですね。
頻繁に旅行する方にはもちろん、たまにしか旅行に行かない方にも、非常に嬉しいことです。

ですがメリットだけを見てLCCしか使わない!と即決してしまうのも危険です。
低価格運賃である理由は先にいくつか述べました。
次は、その理由が人によってはデメリットになるという点についてご説明していきます。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP

Copyright(C)2016どれくらいある?格安航空券の種類と使い方All Rights Reserved.