どれくらいある?格安航空券の種類と使い方

- LCCを使いこなそう!

LCCを使いこなそう!

先ほど紹介したデメリットは、人によっては大きな問題ではなかったり、事前にしっかり準備をしておけば対策がとれるものでした。
ここでは、そもそも飛行機を利用するにあたって、知っておかなければならないLCCのデメリットをご紹介します。

マイレージが貯まらない

hghsdfwe
自社のマイレージ・プログラムを運営していない会社がほとんどで、同じアライアンスの他社航空会社の加算もできません。
仕事などで頻繁に飛行機に乗る方にとっては、マイルは非常に有益なものなので、それが無いとなるとLCCではない従来の格安航空券を利用したほうがよいかもしれません。
ただし格安航空券では還元率は低いか、会社によってはマイルがつかない場合もありますので、注意しましょう。

遅延・欠航の可能性が高い

LCCは運賃を安くするために、「機材の有効利用」を掲げています。
これはつまり、一機材を可能な限り運航させ、空港で乗客の乗り降りする時間を短くし、効率的なスケジュールを立てるということです。
一日の内に同じ飛行機を何度もフライトさせるので、途中で遅延が発生した場合、同じ機体を使うその日それ以降の便は、連鎖的に遅れてしまうのです。

欠航時は、空いている便への振替以外の補償なし

レガシーキャリアの場合、フライトが機械故障のため欠航になれば、同日の他社便へ振替をしたり、あるいは宿泊と翌日の振替便の用意をしてくれます。
しかしLCCの場合の欠航時の対応は、「自社の空いている後続便への振替」または「払い戻し」のどちらかしかありません。
一日一便しかない路線の場合も、自分で宿を探す必要があり、宿泊費も自己負担になります。

燃料を余分に積まないため、上空待機しない

燃料を多く積まなければ燃費がよくなるため、LCCはあまり余分な燃料を飛行機に積んでいません。
そのため通常は、着陸空港の悪天候のため上空で天気の回復を待つ、というケースがありますが、LCCの場合は上空待機する燃料がありませんので、無理だと判断したら早急に近隣の空港へ着陸してしまうのです。
あるいは、目的地の天候が回復しそうにないときは、出発前に早々にフライトをキャンセルしてしまうこともあります。

乗り継ぎが面倒

LCCの中には一便一便をすべて独立したものととらえているため、同じ日に乗継便を予約している場合でも、一度荷物を受け取り、再度チェックインが必要となる会社があります。
またレガシーキャリアの場合は、決められた「最低乗り継ぎ時間」をクリアしていれば、初便が遅れたとしても以降の便を無料で変更などしてもらえます。
しかしLCCの場合は、それぞれを独立したひとつの便ととらえているため、初便が遅れた場合も無料で変更はしてくれず、自分で新しい後続の便を買いなおさなければいけません。
LCCにも「推奨乗り継ぎ時間」というものがありますが、これはあくまでもただのガイドラインなので、最初の便が遅れたからといって対応してくれるわけではありません。
予約時には、充分な時間の余裕をもって旅程を組む必要があります。

LCCを使いこなすには

たまにしか飛行機に乗らない方は、上記のような事態に遭遇するととても慌ててしまうのではないでしょうか。
このように多くの不便な点があるLCCですが、それでもやはり安さは大きな魅力です。

少し曲者のLCCを使いこなすためには、知識を持っておくこと、事前にしっかり調べて準備をしておくことが重要なのです。
そして遅延や欠航が発生した場合に備えて、余裕のある旅のスケジュールを組んでおくことをおすすめします。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP

Copyright(C)2016どれくらいある?格安航空券の種類と使い方All Rights Reserved.