どれくらいある?格安航空券の種類と使い方

- 気をつけたいポイント

気をつけたいポイント

では、次はLCCのデメリットについて述べていきます。

先にご紹介した格安航空券のメリットを生み出すために削減したものが、いくつかのデメリットになっています。
必要なものは人によって違うので、同じポイントでもデメリットとは感じない人もいます。
自分の旅行パターンにLCCが合っているのか、ここで見極められると思います。

機内食や飲み物サービスが有料

運賃を安くする方法のひとつに、レガシーキャリアでは当たり前に提供される機内食・飲み物・毛布・映画等のサービスが、LCCではカットされています。
希望する場合は有料で、特に機内食に関しては会社によって注文方法や支払い方法が異なるので注意しましょう。

従来のフライトでは必ず機内食や、短時間のフライトでも軽食が出てくるのが当然だったので、少し不満に感じる方もいるかもしれません。
ですがほとんどの場合、飲食物を持ち込めますし(会社によって制限が異なります)、短い飛行時間であればあまり問題はなさそうです。

受託手荷物が有料

ほとんどのLCCでは、預け荷物は基本料金には含まれていません。
ですのでスーツケース等の大きな荷物がある場合は、事前に追加料金のオプションを購入しておく必要があります。
予約なしで当日預けようとすると、同じ重量のものでも予約の際の金額よりも高額になることが多いので注意が必要です。

また機内持ち込み手荷物に関しても、サイズや重量の制限が厳しいので、事前に充分チェックしましょう。

座席が狭い

LCCは一度の多くの客を乗せられるよう、座席の間隔を狭くしてあります。
短時間のフライトや小柄な人はあまり気にならないでしょうが、背が高い人など体格がよい人は苦痛に感じるかもしれません。

座席指定が不可、もしくは有料

会社によって異なりますが、多くのLCCでは座席指定が有料で、こちらも受託手荷物と同様に、事前予約よりも当日カウンターで指定する方が料金が高い場合があります。
また指定をしなければ、家族や友人同士の旅行の際は座席がばらばらになってしまう可能性があるので、複数人での旅行の際は、早い段階で座席指定することをおすすめします。

快適に利用するために

これらは料金を安くするためにLCCが削ったサービスです。
まさに格安航空券ならではのデメリットといえるでしょう。
これらを知らずに従来の飛行機と同じ感覚で利用すると、当日追加料金ばかりで膨大な出費になってしまった、という悲しい結果になりかねません。
安くて快適な旅をするためにも、事前にしっかり調べて準備をしておきましょう。

ただ、LCCのデメリットは他にもあります。
次は飛行機の予約にあたって知っておかなければならない重要な内容ついてご紹介します。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP

Copyright(C)2016どれくらいある?格安航空券の種類と使い方All Rights Reserved.