どれくらいある?格安航空券の種類と使い方

- 格安航空券とは?

更新情報

格安航空券とは?

最近よくLCCという言葉を聞きますね。
もう馴染みのある言葉になりましたが、LCCとは格安航空会社のことです。
そして今はたくさんの「格安航空券」がありますが、みなさんはそれがいったいどういうものかご存知ですか?
旅行を頻繁にされる方はそのメリットやデメリットを知った上で、すでに活用されていることでしょう。
ですが、名前はよく聞くけれども実はどういったものなのか、ほとんど知らない方もまだまだたくさんいるようです。

航空チケットを安く購入することができれば、その分他のところにお金をかけられるので、旅行の幅が広がりますね。
ここでは、そのように旅するために知っておきたいことを、わかりやすくご説明していきます。

航空券の種類

確かにLCCは安いのですが、場合によっては追加料金がかかることもしばしばあります。
またLCCに限らずとも安い航空券を手に入れられる場合もあるのです。

自分にとってお得な航空券をゲットするために、まずはその種類について簡単にご説明します。

1.正規運賃航空券

ノーマル航空券ともいいます。
レガシー・キャリア(既存の航空会社)から直接購入する航空券で、いわゆる定価の航空チケットです。
エアラインによって多少異なりますが、食事や飲み物・毛布・枕・イヤホンなどは、皆さんがご存知のように無料で提供されます。

ちなみにレガシー・キャリアに対してLCC(格安航空会社)はロー・コスト・キャリアといいます。

2.正規割引運賃航空券

ttgshnjs
PEX航空券とも呼ばれます。
こちらも1と同様にレガシー・キャリアから購入する航空券です。
正規運賃のものと比べるといくつか制約がありますが、その分割安になります。
そしてこのPEX航空券は、IATA PEX・ZONE PEX・A PEXの3つの種類に分けられます。

IATA PEX(イアタペックス)は全航空会社共通の航空券で、行きと帰りで別々の航空会社を選ぶことができます。

ZONE PEX(ゾーンペックス)は各航空会社が独自に金額を設定しているもので、行きと帰りが同じ航空会社である必要があります。
出発当日でも予約・購入することができます。

A PEX(エーペックス)はZONE PEXの中でも、事前購入や購入期限の制限を設けて、さらに金額を安くしたものです。
早割などがこれに当てはまります。

金額の安い順としては、A PEX < ZONE PEX < IATA PEXとなります。

3.格安航空券

5456475
旅行会社が航空会社からまとめ買いしたチケットを、ばら売りで安く売っているもの。
従来、旅行会社のツアー用にまとめ買いしたものだったため、このようなチケットは個人では手に入れることができませんでしたが、それらを個人向けにばら売りするようになったのです。
そして現在はLCCとよばれる格安航空会社ができたので、この項目にLCCも含まれています。

この航空券は制約が多く、フライトの変更などができなかったり、座席指定や受託手荷物などは追加の料金がかかります。
以前はこれが最も安い航空券でしたが、今はあまり大きな差はなくなり、時期によっては2の正規割引運賃航空券のほうが安くなることもあります。

まとめ

航空券の種類を簡単にご紹介しましたが、航空会社ごとの細かい規定や制約はたくさんあります。
旅行に出るときには自分の都合に合わせて格安航空券モールなどで飛行機のチケットを購入できるようになると、無駄な出費も減ります。
その分、宿や食事を少しだけグレードアップさせることも可能ですね。
また航空券についての知識を持つことにより、心に余裕も生まれ、旅が少し快適になるのではないでしょうか。

では次からはその格安航空券の活用について、メリットやデメリットもふまえ、ご紹介していきます。

▲PAGE TOP

Copyright(C)2016どれくらいある?格安航空券の種類と使い方All Rights Reserved.